« 2016年9月5日(月)「出版記念!最狂旅本『クレイジートリップ』取扱説明会!」 (ネイキッドロフト)のお知らせ!! | トップページ | 【緊急告知】2016年11月11日(金)『オキュパイ・スクール』 presents「一万年前/一万年後」 »

2016年9月22日 (木)

大島托 × ケロッピー前田『縄文族 JOMON TRIBE』 @TAVギャラリー 9月27日まで!!!!

絶賛開催中!!

Image_1

大島托 × ケロッピー前田『縄文族  JOMON TRIBE』

「縄文時代にタトゥーはあったのか?」

いまだに答えの出ない太古の謎に私たちは実践的に取り組み、21世紀の日本における身体、太古の文様に秘められた未来のヴィジョン、縄文時代から受け継がれた生命エネルギーといったものをギャラリー空間を使ってお見せします。

「縄文タトゥーが復活する現場」にぜひお立ち会いください。

会期も9月27日まで。最終日まで休みなし13:00〜20:00

9/25 16:00〜 パフォーマンス 9/27 18:00〜 トークあり

よろしくお願いします〜

ケロッピー前田

Image_2_2

【展示情報】

名称 : 大島托 × ケロッピー前田「縄文族  JOMON TRIBE」
会期 : 2016年9月16日(金)- 9月27日(火)
会場 : TAV GALLERY(東京都杉並区阿佐谷北1-31-2)[03-3330-6881]
時間 : 13:00~20:00
休廊 : 9月20日(火)、9月21日(水)

http://tavgallery.com/

レセプションパーティ : 9月16日(金)18:00 – 20:00
縄文タトゥーパフォーマンス : 9月17日(土)、25日(日)ともに16:00 – 18:00

アーティスト&ゲストトーク:9月17日(土)18:00 – 20:00 (1000円ワンドリンク) 大島 托、ケロッピー前田 ゲスト:仲野泰生(元岡本太郎美術館学芸員、インディペンデントキュレーター)、山本芳美(イレズミ研究、文化人類学、都留文科大学教授)

アーティスト&ゲストトーク:9月27日(火)18:00 – 20:00 (1000円ワンドリンク) 大島 托、ケロッピー前田 ゲスト:ヴェルナー・ロルケ(写真家、HfGオッフェンバッハ・アム・マイン校教授、フランクフルトRMZギャラリー主宰)、ジョン・スカットリン(博士号取得候補者、香港中文大学大学院日本研究学科)、川崎美穂(TATTOO BURST元編集長)

【ステートメント】

『縄文族』とは、タトゥーアーティストの大島托とフォトグラファーのケロッピー前田によるアートプロジェクトである。このプロジェクトは縄文の文様を抽出し、現代的なタトゥーデザインとして身体に刻むことで、人類の原始的な精神が、21世紀を生き抜くためのアイデンティティとなり得ることを示している。そして、これは日本における「モダン・プリミティブズ(現代の原始人)」の実践である。

ケロッピー前田

Image_3_2

Image_4_2

【プロフィール】

大島 托(Taku Oshima)www.apocaript.com

1993年に世界一周の夢を抱き、最初に訪れたインドでタトゥーと出会い、その後にプロの彫師となる。黒一色の文様を刻むトライバル・タトゥーおよびブラックワークを専門とし、世界各地に残る民族タトゥーを現地に赴いてリサーチし、現代的なタトゥーデザインに取り入れている。

1970 福岡県生まれ

1995 亜細亜大学国際関係学部卒業

活動歴

2007 ボルネオのイバン族、カリマンタンのダヤク族を訪ねる

2010 ポリネシア(タヒチ、ニュージーランドなど)を訪ねる

2011 スマトラのメンタワイ族、インドのナガ族を訪ねる

受賞歴

2011 ボルネオ "Gathering of tribes" 特別感謝賞受賞

2015 ネットコンテスト "Polynesian Tattoo Awards" 1月期、5月期、7月期最優秀賞受賞

メディア

2016 ケロッピー前田『クレイジートリップ』(三才ブックス)

2016 Lars Krutak "Japan's Blackwork Master" larskrutak.com

2015 "TATTOO MASTERS FLASH COLLECTION" (Editions Reuss)

2015 『TH(トーキングヘッズ叢書』No.62(アトリエサード)

2015 "Ink Fashion" No.10" (Paisano Publications)

2014 "THE WORLD ATLAS OF TATTOO" (Yale University Press)

2013 『タトゥー・バースト』2013年1月号(コアマガジン)

2010 『タトゥー・トライバル』Vol.41(富士美出版)

ケロッピー前田(Keroppy Maeda)keroppymaeda.com

90年代半ばから伝説の雑誌『BURST』などで世界のアンダーグラウンド・カルチャーをレポート、現在もそのドキュメントを続ける。05年以来、写真家、アーティスト、キュレーターとして国内外で作品展示を行う。14年より学校形式のアートイベント「オキュパイ・スクール」を主宰。NPOヒューマンビーイングクラブ理事。

1965 東京都生まれ

1989 千葉大学工学部卒業

主な展示

2013年 キュレーション「死と未来」Vanilla Gallery(東京)

2012年 個展「RE-SHAPED」Robert Mayer Zeigt Galerie(フランクフルト、ドイツ)

2009年 個展「Extreme Body Modification in Japan」The Body Archive Gallery(NY、アメリカ)

2005年 個展「身体改造★鮮血の美」Vanilla Gallery(東京)

著書&監修DVD

2016 ケロッピー前田『クレイジートリップ』(三才ブックス)

2016 前田亮一『今を生き抜くための70年代オカルト』(光文社新書)

2011 字幕監修DVD『ア・ホール・イン・ザ・ヘッド』(アップリンク)

2007 写真集『スカーファクトリー』(クリエーション・ブックス)

2005 字幕監修DVD『ライク・ア・バタフライ』(フューチャー・ワークス)

2004 ケロッピー前田『コンプリート・ボディ・モディフィケーション・マニュアル』(コアマガジン)

2003 前田亮一訳 シャノン・ララット著『モドゥコン・ブック日本語版』(フューチャー・ワークス)

Image_5

Image_6

Image_7

OUTLINE

 

Taku Oshima × Keroppy Maeda
“JOMON TRIBE”
September 16~27, 2016
TAV Gallery
1-31-2 Asagaya-kita Suginami-ku Tokyo
+81-3-3330-6881
13:00 – 20:00
Closed September 20 – 21

http://tavgallery.com/ 

Reception party: September 16, 18:00 – 20:00
Jomon tattooing performance: September 17 and 25, 16:00 – 18:00

Talks by artists and guests: September 17 18:00 – 20 :00 (1000yen with 1drink)Taku Oshima, Keroppy Maeda Guest: Yasuo Nakano (Former Curator of The Taro Okamoto Museum of Art, Independent Curator), Yoshimi Yamamoto (Tattoo Reserch, Anthropologhst, Professor of Tsuru University)

Talks by artists and guests: September 27 18:00 – 20 :00 (1000yen with 1drink)Taku Oshima, Keroppy Maeda Guest: Werner W.Lorke (Photographer, Professor of HfG Offenbach am Main, RMZ gallery Frankfurt), John M. Skutlin(PhD Candidate, The Chinese University of Hong Kong Department of Japanese Studies), Miho Kawasaki (Former Editor-in-chief of Tattoo Burst magazine in Japan)

Image_8

 

STATEMENT

 

“JOMON TRIBE” is a collaborative art project between tattoo artist Taku Oshima and photographer Ryoichi Keroppy Maeda, in which the patterns of Japan’s Jomon period (14,000 – 300 BCE) are inscribed upon real human bodies as modern tattoo designs to show how the primitive spirit of humankind will become a new identity to survive the postmodern life of the 21st century. This project is the practice of “modern primitives” in Japan today.

 

Ryoichi “Keroppy” Maeda

 

PROFILE

 

Taku Oshima  www.apocaript.com

With the dream of traveling around the world, in 1993 Taku Oshima first set out to visit India, where he became interested in tattooing and later went on to become a professional tattoo artist. Now, he specializes in blackwork and tribal patterns, and has been traveling across the globe to research the remnants of tribal tattoo practices and then apply the findings of his research to modern tattoo designs.

1970 – Born in Fukuoka, Japan
1995 – Graduated from Asia University

Travels and research

2007 – Traveled to Borneo to visit the Iban and Dayak tribes
2010 – Visited the Polynesian Islands, including Tahiti and New Zealand
2011 – Visited the Mentawai tribe on the island of Sumatra and the Naga tribe in India

Awards

2011 – Special prize of the “Gathering of tribes” in Borneo
2015 – Polynesian Tattoo Awards, January, May, and July 2015

Selected Media

2016 – Keroppy Maeda, “Crazy Trip” (Sansai Books)
2016 – Lars Krutak “Japan’s Blackwork Master” (larskrutak.com)
2015 – “Tattoo Masters Flash Collection” (Editions Reuss)
2015 – “TH” No. 62 (Atelier Third)
2015 – “Ink Fashion” No.10 (Paisano Publications)
2014 – “The World Atlas of Tattoo” (Yale University Press)
2013 – “Tattoo Burst” January 2013 (Core Magazine)
2010 – “Tattoo Tribal” Vol. 41 (Fujimi Publishing)

 

Ryoichi “Keroppy” Maeda  keroppymaeda.com

Ryoichi “Keroppy” Maeda is a photographer and journalist who has been reporting the cutting edge of underground culture worldwide since the mid-90s. He is well known for his remarkable works in the legendary magazine “Burst” and other publications. From 2005, he began holding exhibitions as an artist and curator. He has been organizing a one-day art school event called “Occupy School” since 2014, and serves as chairperson of the NPO Human Being Club.

1965 – Born in Tokyo, Japan
1989 – Graduated from Chiba University

Curated Exhibition

2013 – “Shi to Mirai – la mort et le future” Vanilla Gallery (Tokyo, Japan)

Selected Solo Exhibitions

2013 – “RE-SHAPED” Robert Mayer Zeigt Galerie (Frankfurt, Germany)
2009 – “Extreme Body Modification in Japan” The Body Archive Gallery (New York City, U.S.)
2005 – “Bloody Red: Body Modification” Vanilla Gallery (Tokyo, Japan)

Books & DVDs

2016 – Keroppy Maeda, “Crazy Trip” (Sansai Books)
2016 – Ryoichi Maeda, “70’s Occult” (Kobunsha)
2011 – Japanese subtitles, “A Hole in the Head” DVD (Uplink)
2007 – Ryoichi Keroppy Maeda, “Scar Factory” (Creation Books)
2005 – Japanese subtitles, “Like a Butterfly” DVD (Future Works)
2004 – Keroppy Maeda, “Compete Body Modification Manual” (Core Magazine)
2003 – Ryoichi Maeda trans., Shannon Larratt “Modcon, Japanese Edition” (Future Works)

 

Crazy_trip_01

Image_9

|

« 2016年9月5日(月)「出版記念!最狂旅本『クレイジートリップ』取扱説明会!」 (ネイキッドロフト)のお知らせ!! | トップページ | 【緊急告知】2016年11月11日(金)『オキュパイ・スクール』 presents「一万年前/一万年後」 »

コメント

お世話になります25日月曜日の場所は青梅線東青梅駅のすぐ近くの東京都青梅市東青梅1丁目9-17メゾンドゥボナール401号室です。よろしくお願いいたします。
連絡は少しの間amentajp@yahoo.co.jpまでよろしくお願いいたします。

投稿: 中島 千滋 | 2016年10月17日 (月) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311865/67605314

この記事へのトラックバック一覧です: 大島托 × ケロッピー前田『縄文族 JOMON TRIBE』 @TAVギャラリー 9月27日まで!!!!:

« 2016年9月5日(月)「出版記念!最狂旅本『クレイジートリップ』取扱説明会!」 (ネイキッドロフト)のお知らせ!! | トップページ | 【緊急告知】2016年11月11日(金)『オキュパイ・スクール』 presents「一万年前/一万年後」 »