« 大島托 × ケロッピー前田「縄文族 JOMON TRIBE 2」11月15日 (金) – 12月1日 (日) @阿佐ヶ谷TAVギャラリー 開催のお知らせ!! | トップページ | 12月27日(金)19:00〜 @阿佐ヶ谷TABASA トーク&DJイベントに出演します! »

2019年11月 7日 (木)

11月11日、『ケロッピー前田&持田保のクレイジーミュージック探訪 ~ ウィリアム・バロウズ & ブライオン・ガイシン 編』 のお知らせ!

カウンターカルチャーの深淵を狂気音楽で覗く、DJ&トークイベント「クレイジーミュージック探訪」の次回開催が迫っております!!

『ケロッピー前田&持田保のクレイジーミュージック探訪 ~ ウィリアム・バロウズ & ブライオン・ガイシン 編』 

OPEN 18:30 / START 19:30  

前売(Web予約)¥1,500 ※予約がお得です!!

当日¥2,000(+要1オーダー 500円以上)

4462369

ビートからパンクへ、世代を超えてカウンターカルチャーのカリスマだったウィリアム・バロウズ

90年代サブカルの地下水脈としてのバロウズ

 『バースト・ジェネレーション Vol.2』(東京キララ社)では「90年代サブカル」を特集したが、その編集作業の過程でウィリアム・バロウズの影響力の大きさをジワジワと痛感させられることになった。まず、ここでいう「90年代サブカル」とは、日本の出版業界において、90年代後半に「鬼畜・悪趣味・世紀末」などを売りにした出版物が大いに持てはやされ、ひとつの社会現象となったことをいう。それを代表するものとして、青山正明が編集長を務めた95年創刊の『危ない1号』(データハウス)がよく取り上げられてきた。

 青山正明は、その前書きでイスラムの暗殺集団の首領ハサン・イ・サバー(サバーフ)の言葉「真実はない、すべては許される(原文は”Nothing is true, everything is permitted.”)」を引用して、「妄想にタブーなし」と宣言している。実は、このサバーの言葉をたびたび引用して、カウンターカルチャーの名言のひとつにまで押し上げてきたのが、ウィリアム・バロウズである。さらに青山正明の『危ない1号』でメインライターを務め、自ら「鬼畜」を名乗っていたのが村崎百郎であった。村崎は「90年代サブカル」のスターとして君臨するが、2010年に読者を名乗る男性に刺殺されるという衝撃的な事件が起こる。ちなみに、2001年には青山正明が自死している。

 追悼本に当たる『村崎百郎の本』(アスペクト)では、村崎百郎の正体がペヨトル工房の編集者であった黒田一郎であることが明かされ、さらに彼が同出版社から刊行された山形浩生によるバロウズ翻訳本などを担当者であったことも記されている。90年代サブカルの地下水脈を辿ると、バロウズの影が見え隠れして仕方がないのだ。

Wsbcvrnew8in

バロウズとは何者か?

 そんなサブカルファンのために、11月11日@ロックカフェロフトにて行われる「クレイジーミュージック探訪」にて、ウィリアム・バロウズを特集する。1980年代以降、ポストパンクのカリスマとなった晩年のバロウズの活躍ぶりを貴重な音源を聴きなら振り返るDJ&トークイベントだ。

Dreammachineburroughsgysin

 ウィリアム・バロウズは、1914年生まれ、アメリカの名門ハーバード大学を卒業するが定職に就かず、ドラッグに溺れていく。また、早くからゲイを公表し、一時期パートナーでビート文学の詩人アレン・ギンズバーグの助けもあって、『ジャンキー』(53年)で小説家デビュー。しかし、その前年には実弾を用いたウィリアムテルごっこで妻(ゲイだったが献身的な妻がいた!)を撃ち殺してしまっていた。裁判中に国外逃亡し、モロッコのタンジールで画家ブライオン・ガイシンと出会い、彼とともにパリのビートホテルに移り、59年には麻薬中毒の日々を悪夢的なコラージュ小説『裸のランチ』がパリのオリンピアプレスから発売される。この作品はアメリカでは猥褻物指定を受けるなどしたことから注目され、ビート文学でのひとつの地位を獲得する。その後、バロウズはガイシンから絵画のコラージュ技法を文芸や音響実験に応用する「カットアップ」を学び、バロウズ自身も小説執筆にその技法を導入する。そこからカットアップ三部作『ソフトマシーン』(61年)『爆発した切符』(62年)『ノヴァ急報』(64年)が生まれている。

855985006949

Brion_gysin ブライオン・ガイシン

Brian_jones_presents_the_pipes_of_pan_at ブライアン・ジョーンズ、モロッコのタンジールでジャジューカを現地録音

 バロウズ晩年の再評価は、1974年にニューヨークに移ってから。78年には、バロウズがジョン・ケージやティモシー・リアリー、フランク・ザッパらと同席する形で「ノヴァ・コンベンション」が開催され、カウンターカルチャーのカリスマとして脚光を浴びるきっかけとなる。1980年代以降、バロウズはパンク以降の音楽シーンに大きな影響を及ぼし、ジェネシス・P・オリッジ、オーネット・コールマン、ローリー・アンダーソン、ビル・ラズウェルら、新たな創作技法を模索していたミュージシャンたちに支持され、また彼らとバロウズのコラボレーション作品も多く生み出されていく。そこでは、バロウズの世捨て人的な快楽主義的ライフスタイルがパンクな生き方のひとつの理想とされ、虚実が入り混じる行動様式も模倣された。そして、バロウズ自身がその生き方を一言で表現したのがハサン・イ・サバーの言葉「真実はない、すべては許される」であった。

 バロウズを取り戻せ! そして、ただひたすらに生き残れ!

F0004532_5121251デヴィッド・ボウイとも共演

『ケロッピー前田&持田保のクレイジーミュージック探訪 ~ ウィリアム・バロウズ & ブライオン・ガイシン 編』 

11月11日(月)OPEN 18:30 / START 19:30  前売(Web予約)¥1,500 ※予約がお得です / 当日¥2,000(+要1オーダー 500円以上)

『バースト・ジェネレーション Vol.2』販売もあります!!

9784903883472“Nothing is true, everything is permitted(真実はない、すべては許される).”

|

« 大島托 × ケロッピー前田「縄文族 JOMON TRIBE 2」11月15日 (金) – 12月1日 (日) @阿佐ヶ谷TAVギャラリー 開催のお知らせ!! | トップページ | 12月27日(金)19:00〜 @阿佐ヶ谷TABASA トーク&DJイベントに出演します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大島托 × ケロッピー前田「縄文族 JOMON TRIBE 2」11月15日 (金) – 12月1日 (日) @阿佐ヶ谷TAVギャラリー 開催のお知らせ!! | トップページ | 12月27日(金)19:00〜 @阿佐ヶ谷TABASA トーク&DJイベントに出演します! »