« 『縄文時代にタトゥーはあったのか』出版記念座談会、有料ネット配信アーカイブは 6/14まで | トップページ

2020年7月28日 (火)

2020年7月28日 19:00〜 【有料配信】『バースト・ジェネレーション』featuring ろくでなし子 のおしらせ!

『バースト・ジェネレーション:死とSEX』展・連動企画

【有料配信】『バースト・ジェネレーション』featuring ろくでなし子

02_shi_to_sex

配信時間 19:00〜21:30(予定)

視聴チケット代 ¥1,500(税込み)

視聴チケットの購入はコチラから

※生放送終了直後からタイムシフト視聴可能となり、2020年08月04日 23:59:59までご視聴いただけます。

05_shi_to_sex

01_shi_to_sex

【出演】

ろくでなし子(美術家)

釣崎清隆(死体写真家)

ピスケン(BURST創刊編集長/作家)

ケロッピー前田(身体改造ジャーナリスト/責任編集『バースト・ジェネレーション』)

08_shi_to_sex

左から、FEKO、ケロッピー前田、ろくでなし子、ピスケン、釣崎清隆、根本敬

まんこアートの巨匠・ろくでなし子さんは、2014年、自身の女性器を3Dデータにして逮捕され、同年、デコまん3点を展示して再逮捕。彼女のわいせつ論争は世界のメディアに広く取り上げられましたが、2017年にデコまんについては無罪が確定しています。 つい先日、7月16日には、3Dデータの頒布と送信について、最高裁で「有罪」の判決がでましたが、ろくでなし子さんは「不当判決」を主張しています。 この奇遇なチャンスに『バースト・ジェネレーション』(東京キララ社)プレゼンツ、ろくでなし子さんをゲストアーティストに迎えたBURST作家たちの展覧会「死とSEX」展が実現しました。 まんこアートの最新作とは? 性表現とグロテスク表現のエッジに挑む展示内容とは? これからろくでなし子はどこに向かっていくのか? 展覧会を見逃した全国の皆さんに最先端のカルチャーが生まれる現場をお伝えします!

07_shi_to_sex

ろくでなし子さんと最新の作品

10_shi_to_sex

「リザードマン」(ケロッピー前田)、樹海シリーズ(釣崎清隆)

11_shi_to_sex

釣崎清隆

12_shi_to_sex

PONO♡FEKO

13_shi_to_sex

14_shi_to_sex

根本敬

15_shi_to_sex

16_shi_to_sex

西牧徹、ブライアン佐藤

17_shi_to_sex

ピスケン(曽根賢)

18_shi_to_sex

ケロッピー前田

2020年7月10日(金)~22日(水)

「バースト・ジェネレーション:死とSEX」展 @新宿眼科画廊

ろくでなし子、根本敬、釣崎清隆 、ピスケン 、ブライアン佐藤、 西牧徹、PONO♡FEKO 、ケロッピー前田

※展示終了 アーカイブ

(東京キララ社)
http://tokyokirara.com/information/2112/

(AMAZONのページ)
『バースト・ジェネレーション』 創刊号
http://amzn.to/2VorK2m
『バースト・ジェネレーション』 Vol.2
http://amzn.to/2paIKPf

 

 

|

« 『縄文時代にタトゥーはあったのか』出版記念座談会、有料ネット配信アーカイブは 6/14まで | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『縄文時代にタトゥーはあったのか』出版記念座談会、有料ネット配信アーカイブは 6/14まで | トップページ